ドッグフード 保存方法

ドッグフードの保存方法

ドッグフードの保存方法としてまず守って欲しいのは直射日光を当てないことです。

 

ドッグフード自体は油でコーティングされているのといないのとありますが、その油にたいして直射日光が品質を悪くしてしまうのです。

 

また、保存するときは室内で日光が当たらない場所に必ず保存してください。

 

それからエサは空気に触れないようにしましょう。空気に触れることで酸化してしまい、こちらも品質を悪くする原因になってしまいます。

 

5キロなど容量の大きなドッグフードをたくさん買う人がいますが、毎回大きな袋をあけてエサをあたえているのはあまりよくありません。

 

袋を開けるたびにエサはどんどん空気にふれてしまいます。愛犬の健康を害してしまいますよ。

 

もし容量の大きなものを買っているのなら、フードは毎回1食づつ小分けしてファスナーつきの保存袋にわけて置いて、夏場は特に温度があがりやすいので冷蔵庫に小分けしたものを保存するといったことが工夫が必要です。

 

梅雨から夏の時期は湿度も関係あって、温度が高くて湿度も高いとカビの繁殖が少ないドライフードもカビが繁殖するかもしれません。

 

ドライフードは、水分含有率が10パーセント含まれているくらいで水分は少ないですが、少しの水分でもカビは繁殖しやすい時期ですから注意が必要です。

 

 

 

小分けしたドライフードは1ヶ月が消費期限の目安です。またにおいが臭かったり、おかしいと思ったときは、小分けしたその袋だけを処分してください。

 

ドライフードの酸化を防ぐためには、適量のドライフードで小分けしてあるのがベストにいいです。

 

もしくは2キロほどで小分けしてないドライフードでも小分けすれば品質を下げすぎてしまうことはありません。

 

大きな袋を買って、楽して犬と暮らしていく。

 

そういうスタイルばかりで面倒を見ないやり方をするとけっして愛犬に対してよくないですし、自分や家族の暮らしを考えても愛犬に対してのストレスを感じる原因になります。

 

手抜きをしているとに悪いことをしている気がしてよくないドッグライフを送ることになるでしょう。

 

ですので、ドライフードを小分けして暑いところを保存先にしないでできるだけ涼しいところに保存するなど基本的なことはまず守りましょうね。

 

また、できることなら容量の大きいフードを選ぶのではなく、2週間〜1ヶ月以内に使い切れる量のフードを選ぶようにしてください。

 

モグワンドッグフードのように定期コースで利用できるものを選んだら保存先や保存方法に困ることもありませんよ。