ドッグフード 危険 成分

ドッグフードの危険な成分

ドッグフードを選ぶときに高品質なものを選びたいというのは当然ですが、それ以上に愛犬に悪影響を与える成分が含まれているドッグフードを与えたくないという想いの方が強いかもしれません。

 

最低限の安全は確保しておきたいですからね。

 

そこで、ドッグフードに使用されることがある危険な成分について簡単に知っておきましょう。

 

ドッグフードに含まれる危険な成分としては大きく2つ、化学添加物と肉副産物を挙げておきます。

 

化学添加物というのは保存料や着色料、香料などを指しますが、こういった化学添加物は犬の体調に悪影響を及ぼすので使用されている場合は注意しましょうね。

 

また、肉副産物にも気をつけなければなりません。

 

ミートミールとも呼ばれる肉を使用しているドッグフードがあるのですが、この肉副産物というのは簡単に言えば人間が食べられない肉の部位を使っているということになります。

 

腐りかけていたり、食用にはあまり向いていない肉を使っているなど品質に問題があるので、肉副産物を使用しているドッグフードは与えないようにしましょう。

 

他にも一部の野菜や食塩など危険とされる成分がありますので、ドッグフードを買う前は必ず成分を確認してください。

安全なドッグフードの条件

ドッグフードに使用されている危険な成分について書いてきましたが、逆に安全な成分のドッグフードとはどんなものなのでしょうか。

 

これに関してですが、危険な成分が使われていなければ安全であると言えますので、化学添加物や肉副産物が使われていないドッグフードを選べば基本的には安全になります。

 

犬によって特定の原材料にアレルギーがあったりもするので、細かい点に関しては事前に確認したり、よく観察するようにしましょう。

 

 

また、体に悪影響を与えるほど危険であるとは言わないのですが、穀物を使用しているのもできれば避けた方がいいですよ。

 

犬は穀物を上手に消化することができないので、消化不良を起こし、代謝が悪くなって体臭が出たり、涙やけなどのアレルギーを発症するなどの原因になってしまいます。

 

より安全なフードを求めているのなら穀物を使用していないものを選びましょう。

 

 

この点に関してはこのサイトでも紹介しているモグワンは優秀ですので、原材料を確認してみてください。

 

 

⇒モグワンの原材料一覧はコチラ